カラコン装着後の私~自信がつき前向きになれました♪

カラコンによって明るくなれた、前向きになれた、素敵な思い出ができたといった体験談と、カラコン&カラコンショップの紹介です♪

『ネオサイトワンデーリング』カラコン口コミレポ。カラコンにまつわる素敵な思い出♪

   

Kさんが普段お使いの
『ネオサイトワンデーリング』
装着レビューはこちら
 ↓ ↓ ↓
『ネオサイトワンデーリング』口コミレポ

Kさんにはカラコンにまつわる
素敵な思い出があるそうです。

その昔、私が中高生だった20年前には、既にカラコンはコンタクトレンズ屋さんで売っていました。

ブルー、グリーン、グレー…こどもながらに色とりどりのレンズは見ていて楽しく、つけてドキドキする代物でした。

私はよくお小遣いを握りしめて、学校では目立たない明るめのブラウンを買っては、外国人気分を味わっていました。

友達にもそれカラコン?いいなー!と普段の話題にもなり、私にとって、いわば、青春の一部を彩ったともいえるものでした。

同時に、その頃から私は自分の瞳が三白眼なことを気にしていて、アイメイクは目の周りをぐるっとパンダのように描いているのが常でした。

そのことを気にして、黒のカラコンを試着してみたりしたのですが、瞳の黒目は大きくならず。

「せっかく黒のカラコンがあるんだから、もっと黒目を大きく作ってくれたらいいのに…」

当時は、黒目を大きくするカラコンなんて売られていなかったのです。

時は過ぎて7年ほど経った(今から13年前)ある日、何気に手にとったフリーペーパーに載ってあったのは、「黒目が大きく見えるカラコン」でした。

そりゃもうモデルさんのビフォーアフターを食い入るようにみましたよ。今でもそのモデルさんの顔を覚えています。

「カワイイ!昔欲しかったのはこれなんだよ!」横にいた彼氏に興奮気味に見せました。

「ふーん。いくらなん?」ときく彼氏。値段は…1枚18000円!!2枚じゃ…ひいい!今じゃ考えられない値段ですよね。当然あきらめてしまいました。

それから一か月ほど経ったある日、彼氏との食事帰りで、急に彼氏が私のコートポケットに何かを勢いよく入れてきました。

「なんよなんよ?」ポケットをまさぐるとそこには小さな紙箱が…もしかして…そう、あのカラコンだったんです!

うれしくてびっくりして、くるくる小躍りしました。何の記念日でもないのに…ああ、ちょっと前に彼は何気に私の視力きいてたわ…

幸せな気持ちのまま家に帰り、カラコンをつけてまた小躍り。

今はカラコンは安くて、気軽にどこにでも手に入って、いい世の中なったなあと思います。でも、あの時の特別な黒のカラコンと買ってくれた彼氏のことを思うと、今も胸が暖かくなるのです。

Kさんが喜んでいる姿が
目に浮かぶステキな思い出ですね。

Kさんが普段お使いの
『ネオサイトワンデーリング』
装着レビューはこちら
 ↓ ↓ ↓
『ネオサイトワンデーリング』口コミレポ

 - ネオサイトワンデー , ,